コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念頭に置く ネントウニオク

デジタル大辞泉の解説

念頭(ねんとう)に置・く

常に心にかける。いつも忘れないでいる。「相手の立場を―・いて助言する」
[補説]「考えに入れる」などとの混同で、「念頭に入れる」とするのは誤り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんとうにおく【念頭に置く】

心にかける。常に考えている。念頭にかける。 「安全を-・いて作業をすすめる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

念頭に置くの関連キーワードemploy abilityエンプロイアビリティーマネジメントサイクルインフレーション会計産科ショック鉄道事業刑事政策算数教育放送教育比較法学PDCA顕微鏡性犯罪原子良識置く作業

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念頭に置くの関連情報