コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔風恋風 マカゼコイカゼ

デジタル大辞泉の解説

まかぜこいかぜ〔マかぜこひかぜ〕【魔風恋風】

小杉天外の小説。明治36年(1903)発表。女学生萩原初野と友人の婚約者夏本東吾をめぐる悲恋を中心に、当時の男女学生の風俗を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まかぜこいかぜ【魔風恋風】

小杉天外の長編小説。1903年(明治36)《読売新聞》に連載。同年から翌年にかけて前編,中編,後編と春陽堂より刊行。帝国女子学院の生徒萩原初野と東大法科の学生で子爵の養子となっている夏本東吾との恋愛を主軸に物語は展開されるが,夏本子爵の令嬢芳江は初野を義姉(ねえ)さんと呼ぶほどの仲であり,他方また東吾と許婚の間柄でもあるところから,初野と東吾は芳江への義理に悩み,最後は芳江と東吾の結ばれることを望みつつ初野が急死するという筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まかぜこいかぜ【魔風恋風】

小説。小杉天外作。1903年(明治36)「読売新聞」に連載。本郷の学生街を舞台に、女学生初野と友人の婚約者東吾との悲恋を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魔風恋風の関連キーワード請け込む・受け込む大盤石・大磐石性が抜ける選る・択る腹が癒える聞き蕩れるこぐらかる言ひ解く時候中りうやうや心付ける胸に余る泣い噦り無理笑い食べ余しとっくり七つ屋錆びる顔立て頻りと

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android