思喜(読み)おぼしよろこぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐よろこ・ぶ【思喜】

〘自バ四〙 (「おもいよろこぶ(思喜)」の尊敬語) そう思ってお喜びになる。うれしいとお思いになる。
※源氏(1001‐14頃)明石「春宮を見奉り給ふに、こよなくおよずけさせ給て、めづらしうおぼしよろこびたるを」

おもい‐よろこ・ぶ おもひ‥【思喜】

〘自バ四〙 そう思って喜ぶ。うれしいと思う。
※源氏(1001‐14頃)手習「『うせにし女子(ご)の代りに』と、思よろこび侍りて、随分にいたはり、かしづき侍りけるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android