春宮(読み)しゅんきゅう

精選版 日本国語大辞典「春宮」の解説

しゅん‐きゅう【春宮】

〘名〙
皇太子の居住する宮殿東宮御所。また、皇太子をいう。とうぐう。しゅんぐう。
※家伝(760頃)下「故其七月、拝為東宮伝、公出入宮、賛衛副君、勧之以文学、匡之以淳風」 〔竹書紀年‐巻下穆王〕
② 春のの宮殿。《季・春》
※本朝文粋(1060頃)一〇・於禅林寺上方眺望詩序〈紀斉名〉「独倦春宮之清虚。迷秋日之勝事」 〔楚辞‐離騒〕

はる‐の‐みや【春宮】

〘名〙 (「春宮(とうぐう)」の訓読み) 皇太子の宮殿。また、皇太子の称。《季・春》
貫之集(935頃)九「君まさぬはるのみやには桜花涙の雨にぬれつつぞふる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「春宮」の解説

春宮
とうぐう

皇太子別称。「東宮」とも書く。『職原抄述解』に東宮は皇太子の御座所をいい,春宮はその官舎のことをいったとみえ,本来は皇太子の別称ではなかった。皇太子に奉仕する官司を春宮坊という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「春宮」の解説

しゅん‐きゅう【春宮】

皇太子の住む宮殿。また、皇太子。とうぐう。
春の神の宮殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春宮の言及

【皇太子】より

…天皇の位を継ぐべき皇子。たんに太子ともいい,〈ひつぎのみこ〉〈もうけのきみ〉,東宮,春宮,儲君(ちよくん)ともいう。皇太子は,天皇在位中に,皇子,皇孫,皇兄弟またはその他の皇親のうちから定められ,立太子の儀が行われるのが恒例である。…

【東宮∥春宮】より

…皇太子の居所,転じて皇太子の別称。五行説で東は春にあたるところから,春宮とも記す。東宮職員令によると,東宮すなわち皇太子の輔導にあたる傅・学士と,皇太子の家政機関たる春宮坊とを区別している。…

※「春宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android