思憚(読み)おぼしはばかる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐はばか・る【思憚】

〘他ラ四〙 (「おもいはばかる(思憚)」の尊敬語) あれこれとお考えになって、遠慮なさったり心配なさったりする。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「なかなかあやふくおぼしはばかりて、色にも出ださせ給はずなりぬるを」

おもい‐はばか・る おもひ‥【思憚】

〘自ラ四〙 あれこれと考えて、遠慮したり心配したりする。心中で気がねする。
※源氏(1001‐14頃)若紫「御迎へにもと思ひ給へつれど、忍びたる御ありきにいかがと思ひはばかりてなむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android