思懲(読み)おもいこる

精選版 日本国語大辞典「思懲」の解説

おもい‐こ・る おもひ‥【思懲】

〘自ラ上二〙 懲りて二度とすまいと思う。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一六七「数ならぬ持荷にて吉野山高きなげきを思こりぬる〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android