思羽(読み)おもいば

精選版 日本国語大辞典の解説

おもい‐ば おもひ‥【思羽】

〘名〙
鴛鴦(おしどり)、孔雀(くじゃく)、鴨(かも)、雉(きじ)などの尾の両脇にある銀杏(いちょう)の葉の形をした羽。特に、鴛鴦についていうことが多い。剣羽(つるぎば)。おもいばね。
曾我物語(南北朝頃)五「此鴛鴦とびあがり、おもひばにて、王の首をかきおとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の思羽の言及

【香道具】より

… このほか香木を入れておく沈香箱や名香袋,葉入,香炭団入,火末(焚殻)入などの道具がある。また組香の香包を入れておく包を惣包といい,思羽(おもいば)もその一種である。代表的な組香30にはそれぞれその組香名にちなんだ美麗な絵で彩られた惣包が定められており,〈三十組惣包〉と呼ばれる。…

※「思羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android