コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性拒絶反応 キュウセイキョゼツハンノウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐きょぜつはんのう〔キフセイキヨゼツハンオウ〕【急性拒絶反応】

肝臓・心臓・腎臓などの臓器移植後6日から3か月ごろに起こる拒絶反応のこと。移植された臓器に出血・浮腫壊死などがみられる。強い免疫抑制を行うことで治療できる場合が多いとされる。→慢性拒絶反応

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

急性拒絶反応の関連キーワード心臓移植腎移植

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性拒絶反応の関連情報