コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性禅 しょうぜん

1件 の用語解説(性禅の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

性禅

生年:生没年不詳
鎌倉末期の曹洞宗の尼でその支援者。能登国鹿島郡酒井保(石川県羽咋市)の地頭酒井章長の娘で,羽咋郡中河村(羽咋市)の地頭酒匂頼親の妻。曹洞宗瑩山紹瑾門流の根本寺院のひとつ,能登永光寺の開基祖忍の母。娘の祖忍に続いて紹瑾に師事して出家し,永光寺山内の蔵荊庵に居住。元亨3(1323)年,羽咋郡湊保,越中国(富山県)安奴荘の田地を,同寺の常住僧食料,塔頭影供料として寄進し,教団維持に尽くした。紹瑾はこの大檀越としての恩に報いるため,彼女の逝去後は月忌,正忌を末代まで勤行して回向するようにとの遺誡を残している。<参考文献>『永光寺文書』,曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

性禅の関連キーワード釈鼇仙玉山全英凸巌養益越溪休覚紹瑾曹洞宗了然素妙太巌祖仙黙譜祖忍

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone