コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹洞宗 そうとうしゅう

7件 の用語解説(曹洞宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹洞宗
そうとうしゅう

禅宗の一派。中国の禅宗第六祖慧能の法系である洞山良价 (807~869) を祖とする。中国禅宗五家七宗の一つ。中国曹洞宗は,道元,東明,東陵の3派が日本へ伝わったが,13世天童如浄 (1163~1228) の法を入宋して伝えた道元派のみが栄え残った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうとう‐しゅう〔サウトウ‐〕【曹洞宗】

禅宗の一派。鎌倉時代道元が入宋して伝えた。福井県の永平寺神奈川県の総持寺とを大本山とする。名は、中国で大成した洞山良价と弟子の曹山本寂によるといい、また禅宗六祖慧能(えのう)が説法した曹渓と洞山良价の活躍した洞山によるともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曹洞宗【そうとうしゅう】

禅宗の一派。五家七宗の一つ。黙照禅を主張する。中国では慧能(えのう)が南宗禅を大成し,その法系に出た良价(りょうかい)〔807-869〕が洞山に住み,その法をひろめた。
→関連項目紹瑾仏教臨済宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

葬儀辞典の解説

曹洞宗

■本尊/釈迦牟尼如来■宗祖/道元と瑩山■本山/永平寺(福井県)、総持寺神奈川県横浜市)禅宗の一派。授戒と引導が葬儀式の大事な中心をなしています。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

そうとうしゅう【曹洞宗】

中国禅宗五家七宗の一派。日本では禅宗三派(曹洞,臨済,黄檗(おうばく))の一つ。中国禅宗は菩提達磨より6代目の曹渓山宝林寺慧能(えのう)によって南宗禅として大成された。この慧能の弟子の一人青原行思より,石頭希遷(きせん)―薬山惟儼(いげん)―雲巌曇晟(どんじよう)―洞山良价(りようかい)と伝わる洞山(807‐869)を派祖とする。同じく慧能の弟子南岳懐譲(えじよう)の系統の臨済義玄を派祖とする臨済宗とともに,禅宗の二大主流となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうとうしゅう【曹洞宗】

禅宗の一派。九世紀頃の唐の洞山良价とうざんりようかいとその弟子曹山本寂の門流をいう。1227年道元によって日本にもたらされ、永平寺四世の瑩山紹瑾けいざんじようきんのときに地方の武士・農民に教勢を伸ばした。臨済と並ぶ禅宗の二大宗派。福井県の永平寺と横浜市鶴見区の総持寺が本山。只管打坐しかんたざをもっぱら重視。 〔「曹洞」の名は洞山と曹山によるとする説と禅宗六祖曹渓慧能と洞山によるとする説がある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曹洞宗
そうとうしゅう

中国、日本の禅宗の一派。[田中良昭]

中国

中国の禅宗は、5世紀の後半にインドから渡来した菩提達磨(ぼだいだるま)を初祖とし、それから6代目の祖師である慧能(えのう)(638―713)によってその基礎が確立された。この慧能を祖とする系統を南宗禅といい、南宗禅はさらに、慧能門下の南岳懐譲(なんがくえじょう)の弟子馬祖道一(ばそどういつ)による洪州宗(こうしゅうしゅう)と、同門下の青原行思(せいげんぎょうし)の弟子石頭希遷(せきとうきせん)による石頭宗へと発展した。のちに洪州宗からは(いぎょう)、臨済(りんざい)の2宗、石頭宗からは曹洞、雲門(うんもん)、法眼(ほうげん)の3宗のつごう5宗が分派し、また臨済宗が楊岐(ようぎ)、黄龍(おうりょう)の2派に分かれたため、一般に五家七宗の名でよばれている。
 中国の曹洞宗は、石頭宗の石頭希遷から薬山惟儼(やくさんいげん)、雲厳曇晟(うんがんどんじょう)を経て出現した洞山良价(とうざんりょうかい)(807―869)とその弟子曹山本寂(そうざんほんじゃく)(840―901)の2人によって大成された一派をさし、その名称もこの2人の祖師の活躍した洞山と曹山の二つの山号からつけられたものである。この派の特色は、学人の指導に際して五位(ごい)とよばれる偈頌(げじゅ)を用い、その宗風は綿密をもって知られた。宋(そう)代には臨済義玄(ぎげん)を祖とする臨済宗から出た大慧宗杲(だいえそうこう)が看話禅(かんなぜん)を、曹洞宗から出た宏智正覚(わんししょうかく)が黙照禅(もくしょうぜん)を宣揚し、それ以後はこの2宗によって中国禅宗が代表された。[田中良昭]

日本

日本の曹洞宗は、鎌倉時代に出現した道元によって中国から伝来されたものである。道元は13歳で出家し、比叡山(ひえいざん)や建仁寺で仏教を学んだのち、24歳で入宋(にっそう)し、26歳のとき、中国曹洞宗の祖洞山良价から数えて13代目の祖師にあたる天童如浄(てんどうにょじょう)のもとで開悟し、1227年(安貞1)如浄の法統を継いで帰国した。帰国後、建仁寺にて『普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)』1巻を著し、坐禅を根本とする正伝(しょうでん)の仏法を宣揚したが、これが日本曹洞宗の立教開宗である。ただ道元は自らの立場を曹洞宗の名でよぶことを退け、あくまで釈尊より達磨―慧能―良价―如浄を経て自らに伝承された正伝全一の仏法であるとの確信にたっていた。したがって日本の曹洞宗の宗名の由来としては、天童如浄が、洞山良价から曹山本寂の系統ではなく、洞山良价の弟子雲居道膺(うんごどうよう)の系統を引いていることからも、中国曹洞宗のそれとは異なって、六祖慧能が説法した曹渓(そうけい)と、洞山良价の活躍した洞山の二つの山名によるものとみることができる。その後、道元は34歳で山城国(やましろのくに)(京都府)宇治の極楽寺の旧址(きゅうし)に観音導利院興聖(かんのんどうりいんこうしょう)宝林寺を建立し、日本に最初の僧堂を開き、禅院の規矩(きく)を整えて本格的な修行者の育成にあたった。しかし道元の名声の高まりとともに、旧仏教側からの圧迫も加わり、1244年(寛元2)波多野義重(はたのよししげ)の招請を受けて越前国(えちぜんのくに)(福井県)志比庄(しびのしょう)に永平寺を開創し、それから入滅までの10年間、正伝の仏法の宣揚と『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』をはじめとする著作に専念した。この道元の下には優れた人材が集まったが、孤雲懐弉(こうんえじょう)、徹通義介(てっつうぎかい)と継承したのち、第4代目に出現したのが瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)(1268/1264―1325)である。瑩山は加賀(石川県)の大乗寺に住し、釈尊以来の正伝の仏法の由来を明らかにした『伝光録』を開示し、その後能登(のと)(石川県)に永光寺(ようこうじ)、さらに総持寺(そうじじ)を開創して教団の基礎を固めるとともに、優れた人材を輩出して曹洞宗が全国的に教線を拡大する基盤を確立した。
 道元によって宣揚された只管打坐(しかんたざ)による正伝の仏法は、純粋な宗教性と高度の哲学性をもった独特のものであったが、瑩山以後になると民衆の要請にこたえるために呪術(じゅじゅつ)的要素が加味され、教団的には大いに隆盛をみた。江戸時代の宗統復古運動や明治初期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)などを経たが、現在では釈尊を中心とし、道元を高祖(こうそ)、瑩山を太祖(たいそ)と仰ぐ一仏両祖を信仰の中心とし、永平寺と、1898年(明治31)能登から神奈川県鶴見に移転した総持寺を両大本山として、全国に1万4687か寺、171万7000の檀家(だんか)を擁する一大宗団に発展している。その宗団では、両大本山のほかに宗門行政をつかさどる機関として東京都港区に宗務庁が置かれ、両大本山の貫首(かんす)が2年交代で就任する管長の下に、宗務総長と7人の部長からなる内局によって宗務が運営されている。とくに宗立の教育機関として駒沢大学、愛知学院大学、東北福祉大学の3大学を経営し、出版活動としては寺院向けの『曹洞宗報』、檀信徒向けの『禅の友』、一般向けの『禅の風』を発行し、婦人会を中心とした梅花(ばいか)流の詠唱活動も盛んである。また、内外からの禅に対する関心の高まりに対し、大本山をはじめ各地に参禅道場が開設される一方、南・北アメリカ、ヨーロッパなど海外への曹洞禅の普及にも積極的な努力が払われている。[田中良昭]
『河村孝道・石川力山編『日本仏教宗史論集 第8巻 道元禅師と曹洞宗』(1985・吉川弘文館) ▽広瀬良弘著『禅宗地方展開史の研究』(1988・吉川弘文館) ▽竹内道雄著『道元』(1992・吉川弘文館) ▽鏡島元隆著『禅入門2 道元 正法眼蔵・永平広録』(1994・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曹洞宗の言及

【加持祈禱】より

…日蓮は祈禱を重んじて末法行者のため《祈禱抄》を著しただけあって,後世宗派では種々の護符を出し,呪法を行った。曹洞宗では南北朝ころより宗風の民衆化をはかって加持祈禱の傾向を強め,医療や土木事業等にこれを修した。また平安朝以来陰陽道でも現世利益的なさまざまの祭法の中で盛んに祈禱を行い,これが修験者にとりいれられ,行脚(あんぎや)修行の際,在家を訪れて医療その他の災厄除祓に活躍した。…

【寺格】より

…近世に各宗派教団が確立すると,この傾向は著しくなり,多様な寺格が制定された。曹洞宗では別格寺院を常恒会,片法幢会,随意会に,法地(普通寺院)を一~四に分け,その下に平僧地があった。真宗では院家,内陣,余間,飛檐,平僧に区分したのに始まり,きわめて複雑な寺格が定められ,礼金によって昇進することができた。…

【禅宗】より

…黄檗山は日本の中の中国であった。黄檗僧が伝える近世中国の学問や医学,文人趣味の書画や煎茶など,かつての臨済宗の禅文化と,まったくちがった傾向をもって,近世日本文化に与えた影響は大きいし,日本臨済禅のみならず,曹洞宗もまた自派の伝統を再編することとなる。 日本の曹洞宗は,永平寺を開創する道元希玄が入宋し,天童如浄に参じて,その正法眼蔵を伝えるのに始まる。…

【道元】より

…鎌倉中期の禅僧で,日本曹洞宗の開祖。内大臣源通親を父,摂政太政大臣松殿藤原基房の娘を母として,宇治木幡(京都)の松殿山荘で生まれたが,はやく両親に死別した。…

※「曹洞宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曹洞宗の関連キーワード五家七宗南宗楊岐派済家禅家禅門禅律禅林本堂六祖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曹洞宗の関連情報