コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末代 マツダイ

4件 の用語解説(末代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつ‐だい【末代】

死んでからのちの世。後世。「―までの恥」
道義の衰えた末の世。末世。
「かやうの事、―ざまには何となき事にてあるにこそ」〈愚管抄・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末代 まつだい

?-? 平安時代後期の修験者。
駿河(するが)岩本の実相寺の智印にまなび,加賀白山(はくさん),伊豆(いず)日金(ひがね)山で修行。富士山に数百度登頂し,久安5年(1149)ごろ山頂に大日寺を建立した。富士山麓(さんろく)の村山に伽藍(がらん)をたて,即身仏となり,大棟梁権現としてまつられたという。通称は富士上人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

末代

平安末期の山岳修行者,富士山の開山者で,富士上人とも称される伝説上の人物。駿河国(静岡県)の人といわれ,駿河国岩本の実相寺を開基した智印に師事し,白山や伊豆山でも修行した。富士山には数百度登り,久安5(1149)年,山頂に大日寺を創建した。鳥羽法皇の帰依を受けて,如法経を書写してもらい,山頂に埋納したといわれる。この70年ほどのちに弟子の埋納した「末代聖人」と記した経巻を納めた経筒が,山頂(三島ケ岳付近)から出土している。富士山麓の村山に伽藍を営み,ここで即身仏となり,富士山の守護神,大棟梁権現として祭られたといわれる。<参考文献>『本朝世紀

(川村邦光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まつだい【末代】

死んだ後の世。後世。 「 -まで恥をさらす」 「人は一代名は-」
すえの世。末世。末法。 「世すでに-に入て二百余年/開目抄」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末代の関連キーワード富士講影富士修行者初富士富士宮富士吉田富士の山ふじの山富士山の山小屋播隆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末代の関連情報