コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩給法 オンキュウホウ

1件 の用語解説(恩給法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんきゅう‐ほう〔オンキフハフ〕【恩給法】

恩給制度について定めている法律。大正12年(1923)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の恩給法の言及

【恩給】より

…なお,封建社会における恩給については前項を参照されたい。日本の恩給制度は1875年の海軍退隠令,76年の陸軍恩給令に始まり,当初は軍人,官吏,教職員などに個別的に定められていたが,1923年公布の恩給法によって統一された。天皇制国家のもとでの軍人,官吏(第2次大戦後の国家・地方公務員を含む)の永年勤続に対する慈恵的特権的待遇として,本人またはその遺族に年金または一時金が支給され,その反面で国に対する無定量の服従義務の精神を培養する役割を果たしてきた。…

※「恩給法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恩給法の関連情報