恵みの雨(読み)メグミノアメ

デジタル大辞泉の解説

めぐみ‐の‐あめ【恵みの雨】

大地をうるおして草木を生育させる雨。慈雨。また一般に、天の助けのように降る雨。「連戦の選手たちには恵みの雨となった」
神仏の恵みや君恩などが隅々まで行きわたるたとえ。
「君が代に民の伏屋もうるふなり―や四方にあまねき」〈師兼千首〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぐみのあめ【恵みの雨】

日照りの続いたあとで降る雨。慈雨。
神仏・君主などの恩が広くゆきわたるたとえ。 「君が代に民の伏屋もうるふなり-や四方にあまねき/師兼千首」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恵みの雨の関連情報