コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈雨 ジウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐う【慈雨】

万物を潤し育てる。また、日照り続きの時に降る雨。恵みの雨。「干天(かんてん)の慈雨 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じう【慈雨】

めぐみの雨。ほどよい時にほどよく降って、草木や作物をうるおしそだてる雨。 「旱天かんてんの-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慈雨の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨『水滸伝』の登場人物私の人生、恵みの雨ナフード砂漠蔦谷 竜岬干天・旱天三草二木跋難陀上日寺潤う霊雨甘雨恵雨喜雨瑞雨

慈雨の関連情報