恵方神(読み)えほうがみ

  • えほうがみ えハウ‥
  • えほうがみ〔ヱハウ〕
  • 恵ヱ方神

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 正月にまつる神。その年の干支(えと)によって吉と定められた方角にいる神。歳徳神(としとくじん)
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)下「まいりをさむる八はた山、此なには津のゑはう神、民安全こそめでたけれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android