コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪の教典 あくのきょうてん

2件 の用語解説(悪の教典の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

悪の教典

貴志祐介のベストセラー小説。サイコパス(反社会性人格障害)という裏の顔を持つ高校教師が引き起こす事件を描いたサイコ・ホラー作品。「別册文藝春秋」で2008年7月号から2年間連載され、10年7月、文藝春秋より単行本が出版された。10年に第1回山田風太郎賞を受賞し、11年には宝島社の『このミステリーがすごい!』で国内部門1位を獲得。12年には「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の三池崇史監督によって映画化され、教師役を伊藤英明が演じている。映画は12年11月、イタリアで開催された第7回ローマ国際映画祭コンペティション部門に出品され、同部門のオープニング上映を飾った。

(2012-11-12)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪の教典の関連キーワードサイコパスベストセラー貴志祐介依頼人裏稼業黒い家コーマ/昏睡最後の陪審員ブレイン/脳わが幻覚の時

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悪の教典の関連情報