コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児黄疸 しんせいじおうだん neonatal jaundice

7件 の用語解説(新生児黄疸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新生児黄疸
しんせいじおうだん
neonatal jaundice

新生児に生後2~3日で現れ,7日程度持続して自然に消失する黄疸で,90%以上の新生児にみられる。赤血球が破壊されて遊離したヘモグロビンは,ビリルビンに変化して肝臓で排泄されるが,新生児期にはこの機能が低いために,ビリルビンが体内に蓄積されて黄疸が起るのである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんせいじ‐おうだん〔‐ワウダン〕【新生児黄×疸】

生後2、3日ごろから新生児に現れる黄疸生理的黄疸は肝臓の働きが未熟なために生じるもので、ふつう2週間以内に消える。溶血性黄疸は母子間血液型不適合のために起こり、重症の場合には交換輸血を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新生児黄疸【しんせいじおうだん】

生後3日目ごろから現れる黄疸血液型不適合等による溶血性黄疸より出現が遅く程度も軽い。放置しても約1週間で自然になおる。母乳栄養児では時に2週間以上も黄疸が続くことがあり,この場合も自然に消退するが,肝炎や胆道の先天奇形による黄疸との区別が必要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

新生児黄疸

 新生児に一過性にみられる黄疸.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しんせいじおうだん【新生児黄疸】

 黄疸の原因となる色素(しきそ)は、赤血球(せっけっきゅう)の血色素(けっしきそ)であるヘモグロビンが壊れて生じるビリルビンという物質です。これが血中(けっちゅう)に増えると皮膚や白目(しろめ)の部分が黄色くなります。
 ビリルビンは肝臓で処理されて胆汁(たんじゅう)中に排泄(はいせつ)されます。新生児は生理的に多血(血が濃い)であり、しかも胎児(たいじ)の赤血球の寿命は短いため、出生後急速に多量の赤血球の破壊がおこります。それを処理する肝臓の機能が未熟であることや、母親からのホルモンの影響もあり、血液中のビリルビンが高値になりやすいのです。
 治療法ですが、光線療法(こうせんりょうほう)は新生児黄疸の治療としてもっともよく行なわれるものです。新生児を裸にして波長420~460nm(ナノメートル)の光をあてます。光エネルギーが作用すると皮膚や皮下毛細血管内のビリルビンを分解したり、水に溶けやすい型に変えて胆汁(たんじゅう)中に排泄させるのです。
 交換輸血法(こうかんゆけつほう)という方法もあります。これは溶血性(ようけつせい)黄疸のような重症の黄疸に対して、血中のビリルビンと壊れやすくなった赤血球を取り除き、壊れにくい新鮮な血液を輸血する治療法です。循環血液量の2倍の量の血液を用意し、検査をしながら脱血と輸血をくり返します。体重3kgの新生児で、500~600mℓの血液を交換します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

しんせいじおうだん【新生児黄疸】

新生児に普通に見られる生理的黄疸。生後2、3日目から現れ、7日から10日で消える。広義には、母子の血液型不適合や新生児の敗血症・梅毒などによる病的な黄疸も含む。初生児黄疸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新生児黄疸
しんせいじおうだん
jaundice of the newborn

黄疸は、赤血球が壊れたときにできる黄色の色素であるビリルビンが多量に産生され、皮膚色が黄染する症状である。新生児黄疸はほぼすべての新生児に認められるものであり、生理的または特発性とよばれる黄疸は、生後3、4日目ごろに出現し、5、6日目ごろにもっとも著明となり、7~10日で消失する。その理由は、胎児の間は母体が処理してくれたビリルビンを、新生児が自分で処理する能力が確立するまでの出生後の適応期間に、一時的ながらビリルビンが上昇するためである。そのほかに病的な原因による黄疸があり、後者の場合は生後第1日目より黄疸が出現し、その程度も強く、また遷延する。
 病的黄疸の原因としてもっとも重要なものは、母子間血液型不適合による新生児溶血性黄疸である。ABO型不適合による黄疸は、母親がO型で児がA型またはB型の場合、Rh型不適合による黄疸は、母親がRh陰性で児がRh陽性の場合におこる。いずれも母親が児の赤血球に対する抗体を産生し、その抗体が胎盤を通じて児に至って児の赤血球を破壊する。Rh型不適合の場合がより重症であるが、分娩(ぶんべん)時に児の血液が母体中に混じり免疫学的に刺激する(感作(かんさ))ことが多いので、第一児におこることはまれである。また第二児以後は分娩直後に母体に免疫グロブリンを注射することによって予防される。
 いかなる理由でもビリルビンの値が異常に高くなると、核黄疸とよばれる中枢神経系の重篤な疾患に陥るので、黄疸が認められた場合、単に肉眼的観察のみならず、血液ビリルビン値の測定を行うことがたいせつである。ビリルビン測定値が生理的な範囲を超えた場合(日齢や出生体重によって異なる)、青色の光がビリルビンを分解することを利用した光線療法、さらにより高度の場合は交換輸血が行われる。
 母乳栄養児に黄疸が増強、遷延することが知られているが、ほかの病的な原因との区別がたいせつとなる以外、母乳黄疸そのものが障害をおこすことはない。[仁志田博司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新生児黄疸の言及

【黄疸】より

…胆汁色素(ビリルビン)が血液および組織中に増加した状態を意味し,臨床的には血清,皮膚,粘膜が黄色に染まる状態をいう。jaundice,icterus(ラテン語由来)はもともと黄色を意味する言葉であったが,現在は黄疸を指す言葉として用いられている。正常者の血液では血清ビリルビンは1mg/dl以下であり,血清ビリルビンが3mg/dl前後以上の場合に黄疸として認識できる。一般に黄疸は単にビリルビンの増加する場合と,同時に胆汁成分,たとえば胆汁酸の増加を伴う場合とに分けられるが,前者は高ビリルビン血症hyperbilirubinemia,後者は胆汁鬱滞(うつたい)cholestasisと呼ばれている。…

※「新生児黄疸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新生児黄疸の関連キーワード血色素色素細胞血色素尿天然色素蛍光色素鉱物性色素正色素性貧血レーザー色素感熱色素黄疸の原因

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新生児黄疸の関連情報