コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情緒障害児短期治療施設 ジョウチョショウガイジタンキチリョウシセツ

デジタル大辞泉の解説

じょうちょしょうがいじたんきちりょう‐しせつ〔ジヤウチヨシヤウガイジタンキチレウ‐〕【情緒障害児短期治療施設】

軽度の情緒障害のある児童を短期間入所あるいは通所させ、心理療法による治療などを行い社会への適応性を高めるための施設。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

情緒障害児短期治療施設

精神的な問題を抱える児童が、専門的な治療を受けながら生活を送る施設。専門医や心理療法の担当職員が配置される。治療後は家庭や児童養護施設里親へとつなぐ。厚生労働省によると、2012年10月現在で30道府県に38カ所ある。大分にできる施設は定員30人。同様施設での勤務が初めてとなる職員が多いため、開設初年度は10人程度を受け入れるという。

(2014-03-09 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

情緒障害児短期治療施設の関連キーワード児童福祉施設情緒障害教育情緒障害児社会的養護

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android