コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心理療法 しんりりょうほうpsychotherapy

翻訳|psychotherapy

7件 の用語解説(心理療法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

心理療法

心理療法の基本は、「聴く」ことにある。受容的に聴き入れられる体験だけでも、気付かなかった様々な感情や思いが表出されて整理がつく。精神分析は、自由に連想していくうちに、過去の重要な人物との関係の中で形成された無意識的な葛藤や問題となる対人関係パターンなどが、治療者に投影されること(転移)に注目した治療法である。ユング心理学は、夢が意識の偏りを補償することに注目し、夢が示す可能性を意識に統合していくことで心理的な成長を促そうとする。表現活動の持つ自己治癒力を大切にした箱庭療法や描画法、認知の歪みに焦点を当てて話し合っていく認知療法、学習してしまった問題行動自体の変容を促す行動療法、家族を1つのシステムとみなして症状は成員間の関係性の表現であるという見方で治療する家族療法など、様々な技法がある。子供に対しては、自由で守られた空間の中での遊びを通して、葛藤や不安を解決していくプレイセラピーが効果的である。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんり‐りょうほう〔‐レウハフ〕【心理療法】

催眠・暗示・精神分析などの心理的手段を使い、精神的な働きかけによって病気を治療しようとする方法。スピリチュアルセラピー。精神療法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

心理療法【しんりりょうほう】

精神療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しんりりょうほう【心理療法】

神経症のように心理的な原因によると考えられる病気に対して、薬物によるのではなく心理的な技術を用いて治療する方法。精神療法。サイコセラピー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理療法
しんりりょうほう

精神療法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心理療法
しんりりょうほう

サイコセラピーpsychotherapyの訳語のひとつ。おもに心理学者が心理療法という用語を使い、精神科医は精神療法とよぶ傾向が強い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の心理療法の言及

【精神療法】より

…疾病の治療法には,身体そのものに働きかける治療法(外科手術,薬物療法等)と心に働きかける治療法とがあり,後者を一般に精神療法(心理療法)という。対象となるのは,危機または葛藤状態にある心であり,不安やそれに伴う怒りや苦悩等の感情,不適切な行動および心身の異常ということになる。…

【遊戯療法】より

…子どもに行われる心理療法の一つ。大人の心理療法が治療者との間に交わされる言語を仲介にして治療関係が成立するのに対して,子どもでは言葉による自己表現や洞察への過程が不十分なため,遊びやおもちゃを媒介にして心理療法を行う。…

※「心理療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心理療法の関連情報