適応性(読み)てきおうせい

精選版 日本国語大辞典「適応性」の解説

てきおう‐せい【適応性】

〘名〙 外的刺激や変化に応じる性質・能力。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生富士を観る「変通自在な適応性を持った先生の生命は」
[語誌]「適当」「相応」「順応」などの語に後れて明治後期から見られるようになった語だが、adaptability の訳語としての「適応性」の成立・定着は、大正期に入ってからか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「適応性」の解説

てきおう‐せい【適応性】

状況や環境などに合うように自分を変えていく性質・能力。「適応性に欠ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android