適応性(読み)てきおうせい

精選版 日本国語大辞典「適応性」の解説

てきおう‐せい【適応性】

〘名〙 外的刺激や変化に応じる性質・能力。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生富士を観る「変通自在な適応性を持った先生の生命は」
[語誌]「適当」「相応」「順応」などの語に後れて明治後期から見られるようになった語だが、adaptability の訳語としての「適応性」の成立定着は、大正期に入ってからか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「適応性」の解説

てきおう‐せい【適応性】

状況や環境などに合うように自分を変えていく性質・能力。「適応性に欠ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android