愛野 興一郎(読み)アイノ コウイチロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

愛野 興一郎
アイノ コウイチロウ


肩書
衆院議員(民政党),元・経済企画庁長官

生年月日
昭和3年4月18日

出生地
佐賀県鹿島市

学歴
中央大学法学部〔昭和26年〕卒

経歴
民政党代議士だった父の跡を継ぎ、農協組合長、県議。昭和47年自民党から衆院議員に当選。外務政務次官、総理府総務副長官、衆院文教委員長を経て、平成元年竹下改造内閣の経済企画庁長官に就任。竹下派、羽田派、5年6月新生党を経て、6年新進党、10年1月国民の声結成に参加。9期務めた。

没年月日
平成10年3月20日

家族
父=愛野 時一郎(衆院議員) 弟=福岡 政文(佐賀日産社長) 愛野 克明(東日本観光バス社長) 愛野 孝志(愛野耳鼻咽喉科院長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android