竹下派(読み)タケシタハ

デジタル大辞泉の解説

たけした‐は【竹下派】

自由民主党にあった派閥の一。創政会経世会の昭和60年(1985)から平成4年(1992)における通称。首相退任後も影響力を行使し続ける田中角栄に不満を持つ竹下登・金丸信らが、昭和60年に田中派内の勉強会として創政会を結成。翌々年に田中派の大多数を率いて経世会として独立し、自民党内での影響力を保った。のちの平成研究会につながる。→小渕派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹下派の関連情報