コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛野 あいの

2件 の用語解説(愛野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛野
あいの

長崎県南東部,雲仙市北西部の旧町域。島原半島の基部にあり,玄関口として,また交通の要所として古くから栄えた。 1949年町制。 2005年国見町,瑞穂町,吾妻町,千々石町,小浜町,南串山町と合体して雲仙市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛野
あいの

長崎県南東部、南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(愛野町(まち))。現在は雲仙(うんぜん)市の北西端部を占める。旧愛野町は1949年(昭和24)町制施行。2005年(平成17)国見(くにみ)、瑞穂(みずほ)、吾妻(あづま)、千々石(ちぢわ)、小浜(おばま)、南串山(みなみくしやま)の6町と合併、市制施行して雲仙市となった。旧町域は島原半島の北の入口にあたり、半島の循環道路をなす国道57号と、251号が分岐する交通の要所で、島原鉄道も通ずる。背後に雲仙岳を控え、その火山性扇状地が面積の大半を占め、北は有明(ありあけ)海、南は橘(たちばな)湾に臨む。小河川の扇状地上ではジャガイモの生産が盛んで、有明海沿岸の干拓地に生産される米とあわせて全農業収益の80%を占め、長崎県農林技術開発センター馬鈴薯(ばれいしょ)研究室がある。また、付近の千々石断層崖(だんそうがい)に臨む地点に愛野展望台があり、雲仙火山群、天草(あまくさ)諸島を一望に収める。
 1964年に明治乳業(現、明治)長崎工場やナイロン縫製工場が誘致されている。愛津地区には、島原、諫早(いさはや)両藩の境界を示す藩境石があり、また島原・天草一揆(いっき)で斬首(ざんしゅ)された数千人を埋めた首塚がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛野の関連情報