コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感世 かんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

感世 かんせい

?-? 平安時代中期の仏師。
応和2年(962)丹波桑田郡(京都府)の菩提寺(穴穂寺,現穴太(あなお)寺)の観音像をつくる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

感世の関連キーワードオットー1世(大帝)アルプティギーンイタリア王国[中世]ベレンガーリョ2世ガズナ朝神聖ローマ帝国ガズニ朝寂照・寂昭神聖ローマ帝国オットー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

感世の関連情報