感無量(読み)カンムリョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐むりょう ‥ムリャウ【感無量】

〘形動〙 感慨がはかりしれないほど大きいさま。何もいえないほど深く感じいるさま。感慨無量。
※地唄(1956)〈有吉佐和子〉「邦枝は琴爪をはめた指を左掌で包み感無量のものがあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感無量の関連情報