慈善市(読み)ジゼンイチ

デジタル大辞泉 「慈善市」の意味・読み・例文・類語

じぜん‐いち【慈善市】

利益慈善事業資金に充てるために開く市。バザー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「慈善市」の意味・読み・例文・類語

じぜん‐いち【慈善市】

〘名〙 慈善事業の資金を得るために、品物を持ち寄って販売する市場。バザー。
読売新聞‐明治三七年(1904)七月三日「ワシントン府に開催せる慈善市は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android