コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈恩寺三蔵法師伝 じおんじさんぞうほうしでんCi-en-si san-zang-fa-shi-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慈恩寺三蔵法師伝
じおんじさんぞうほうしでん
Ci-en-si san-zang-fa-shi-zhuan

中国,唐の恵立撰,彦そう増補。『大唐大慈恩寺三蔵法師伝』『大慈恩寺三蔵法師』あるいは単に『慈恩伝』とも呼ばれる。 10巻。垂拱4 (688) 年成立。玄奘三蔵の出生からインド旅行を終えて帰国するまでを記した伝記。小説『西遊記』のモデルとなったもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

慈恩寺三蔵法師伝の関連キーワード跨がる・股がる法相宗秘事絵詞ジュリアン大唐西域記因果応報朗らか如何ぞ赴く斑か跨ぶ怯む

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android