コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧昌尼 えしょうに

1件 の用語解説(慧昌尼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

慧昌尼

生年:生没年不詳
江戸中期の臨済宗の尼。駿河国江尻(静岡県)の某氏の妻であったという。出家して白隠慧鶴の弟子となった。白隠に参禅していた了徹居士(山梨平八郎治重)を「少しばかり得るところがあっても足れりとしてはならぬ」と,やりこめた話が伝わっている。<参考文献>荻野独園選述『近世禅林僧宝伝』,森慶造『近世禅林言行録』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慧昌尼の関連キーワード潭月和尚翠岩承堅正韵大龍宗丈龍門宗禹活山玄旭笠嶺宗伍愚堂宗哲済家江尻