コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白隠慧鶴 はくいん えかく

美術人名辞典の解説

白隠慧鶴

江戸中期の臨済宗の僧。駿河生。勅謚は初め神機独妙禅師、のち正宗国師。15才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家慧鶴と称する。のち美濃の瑞雲寺馬翁宗春、伊予の正宗寺逸禅、越後の英岩寺性徹らの門を歴参。享保3年妙心寺第一座となる。東嶺円慈・遂翁元盧らを育て、臨済禅中興を成し遂げ、よく民衆に禅を広めた。明和5年(1768)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はくいん‐えかく〔‐ヱカク〕【白隠慧鶴】

[1686~1769]江戸中期の僧。臨済宗中興の祖。駿河の人。号、鵠林。勅諡号(ちょくしごう)、神機独妙禅師・正宗国師。信濃飯山正受庵道鏡慧端の法を嗣(つ)ぎ、故郷の松陰寺に住持した。京都妙心寺の第一座ともなったが、のち、諸国を遊歴し、禅の民衆化・革新を遂行。詩文禅画もよくした。著「夜船閑話」「遠羅天釜(おらてがま)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白隠慧鶴 はくいん-えかく

1686*-1769* 江戸時代中期の僧。
貞享(じょうきょう)2年12月25日生まれ。臨済(りんざい)宗。15歳で郷里駿河(するが)(静岡県)の松蔭寺で得度。信濃(しなの)飯山の道鏡慧端(どうきょう-えたん)(正受(しょうじゅ)老人)の法をつぐ。のち松蔭寺にもどり,享保(きょうほう)3年京都の妙心寺首座。禅の民衆化につくし,書画でも知られた。明和5年12月11日死去。84歳。諡号(しごう)は正宗(しょうじゅう)国師。別号に鵠林(こうりん)。著作に「遠羅天釜(おらてがま)」「夜船閑話」など。
【格言など】養生は大名が国を守るようなものである(「夜船閑話」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白隠慧鶴

没年:明和5.12.11(1769.1.18)
生年:貞享2(1685)
江戸中期の禅僧。五百年間出の英霊漢と謳われ,近世臨済禅中興の祖と称される。生涯を黒衣で通し,京都妙心寺にも出世しなかった。隻手音声(片手で鳴らす音を心耳で聞く)の公案(悟りを得るために考えさせる問題)をもって学徒の指導をしたことは有名である。駿河の浮島(静岡県沼津市)の長沢家に生まれる。元禄12(1699)年,15歳で郷里の松蔭寺の単嶺祖伝につき得度し,慧鶴の諱を付けられる。宝永1(1704)年,美濃(岐阜県)瑞雲寺の馬翁につき,その後,越後(新潟県)高田の英巌寺の性徹,信濃飯山の道鏡慧端に参禅し,大悟する。托鉢にいき,家の前に立つと老婆がよそに行けといったが,白隠は去らなかったために老婆が怒り竹箒で打ち,そのときに悟ったという。 宝永5年,松蔭寺に帰る。同7年,病となり京都白川の白幽子を訪ね,内観修養の法を授かり,難病は完治する。その体験はのちに『夜船閑話』の著としてまとめられる。その後,松蔭寺をはじめ諸国において碧巌録・臨済録などの祖録を講じ,白隠禅を宣揚する。宝暦8(1758)年,三島に寺地をえて竜沢寺の創建を進め,同10年,同寺で『息耕録』を講じている。明和5(1768)年,松蔭寺において遷化する。84歳であった。火葬して原の松蔭寺,三島の竜沢寺,比奈(富士郡吉永村)の無量寺に塔された。翌年,「神機独妙禅師」と諡された。門下には,東嶺円慈,遂翁元盧,峨山慈棹などの逸材が多く出ていて,白隠の一派を「鵠林派」という。また,池大雅など居士や女性の参禅者も多かった。著書には『槐安国語』『荊叢毒蘂』など本格的な禅の書や,『夜船閑話』『遠羅天釜』『さし藻草』『於仁安佐美』『子守唄』『坐禅和讃』『草取唄』など仮名交じりで平易に禅を説いたものなどが多い。『白隠和尚全集』全8巻に収載されている。また「七福神乗合図」など禅画がある。<参考文献>陸川堆雲『考証白隠和尚詳伝』,秋山寛治『沙門白隠』,常盤義伸『白隠』(『大乗仏典』27号)

(竹貫元勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白隠慧鶴
はくいんえかく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

白隠慧鶴 (はくいんえかく)

生年月日:1685年12月25日
江戸時代中期の僧
1769年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

白隠慧鶴の関連キーワード座禅和讃・座禅和讚愚庵(1)弘巌玄猊市岡智寛霊源慧桃遂翁元廬黄檗華頂大休慧昉渡辺春菴太巌祖仙生年月日至道無難耕隠智訓古月禅材黄檗宗慧昌尼禅宗大橋

白隠慧鶴の関連情報