慮り(読み)オモンパカリ

大辞林 第三版の解説

おもんぱかり【慮り】

〔「おもいはかり」の転。「おもんばかり」とも〕
考えをめぐらすこと。思慮。 「 -に欠ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android