コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶宝尼 けいほうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶宝尼 けいほうに

?-? 織豊時代の尼僧。
天正(てんしょう)12年(1584)羽柴秀吉軍は,伊勢(いせ)(三重県)松島城にこもる織田信雄側の滝川雄利(かつとし)軍をかこみ,飢え死に寸前に追いつめた。慶宝尼は雄利が亡夫旧主だったことから再三秀吉にうったえ,包囲を解かせたという。俗姓星合法名は慶法ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

慶宝尼

生年:生没年不詳
安土桃山時代の武家の女性。慶法尼とも。星合左衛門尉の娘。夫は武将滝川氏の家臣であったが,17歳で死別し剃髪。天正12(1584)年に滝川雄利が豊臣秀吉軍に伊勢国(三重県)松山城を包囲され,籠城中に食糧が尽きたとき,敵陣に赴いて懇願,秀吉の心を動かして囲みを解かせたという。

(真下道子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

慶宝尼の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android