コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶宝尼 けいほうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶宝尼 けいほうに

?-? 織豊時代の尼僧。
天正(てんしょう)12年(1584)羽柴秀吉軍は,伊勢(いせ)(三重県)松島城にこもる織田信雄側の滝川雄利(かつとし)軍をかこみ,飢え死に寸前に追いつめた。慶宝尼は雄利が亡夫旧主だったことから再三秀吉にうったえ,包囲を解かせたという。俗姓星合法名は慶法ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

慶宝尼

生年:生没年不詳
安土桃山時代の武家の女性。慶法尼とも。星合左衛門尉の娘。夫は武将滝川氏の家臣であったが,17歳で死別し剃髪。天正12(1584)年に滝川雄利が豊臣秀吉軍に伊勢国(三重県)松山城を包囲され,籠城中に食糧が尽きたとき,敵陣に赴いて懇願,秀吉の心を動かして囲みを解かせたという。

(真下道子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

慶宝尼の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android