コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝川雄利 たきがわ かつとし

2件 の用語解説(滝川雄利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝川雄利 たきがわ-かつとし

1543-1610 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)12年生まれ。木造具康(こづくり-ともやす)の子。滝川一益(かずます)の姓をうける。はじめ織田信長,織田信雄(のぶお)につかえ,のち豊臣秀吉にしたがい伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)城主となる。関ケ原の戦いで西軍につき所領を没収されたが,慶長8年ごろ常陸(ひたち)(茨城県)片野藩主滝川家初代となる。2万石。慶長15年2月26日死去。68歳。前名は勝雅。通称は三郎兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滝川雄利

没年:慶長15.2.26(1610.3.21)
生年:天文12(1543)
安土桃山・江戸前期の武将。伊勢の木造具康の子で,はじめ出家して源浄(常)院主であったが,還俗して滝川一益の女婿となり滝川を名乗った。名は勝雅,雄親,雅利など。織田信雄に仕えたとき,諱の1字を与えられている。信雄の家老であったが,天正12(1584)年の小牧・長久手の戦を契機に豊臣秀吉に仕え,同18年の小田原攻めにも従軍。一時,豊臣秀次失脚事件に連座して所領を失うが,秀吉の御咄衆として3万石を与えられ,関ケ原の戦(1600)では西軍に属して除封され,のち家康の御咄衆として常陸片野(茨城県八郷町)で2万石を領した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

滝川雄利の関連キーワード鉄砲伝来戦国時代(日本)鉄炮記滝川雄利栃尾城新納忠元アンリル・ナン[兄弟]尼子義久アンリ[4世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone