コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長大判 けいちょうおおばん

大辞林 第三版の解説

けいちょうおおばん【慶長大判】

慶長金の一。量目43.91匁。千分中金約六七一。拾両と墨書。儀礼用として多く用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の慶長大判の言及

【大判】より

…ついで天正16年(1588)豊臣秀吉は京都の彫金家後藤徳乗に命じて天正大判を鋳造させた。徳川家康は幣制の確立を重視し,関ヶ原の戦の翌年にあたる慶長6年(1601)には慶長大判・小判・一分金・丁銀・豆板銀の金銀貨を鋳造した。慶長大判の量目は天正大判と同じ44匁1分(165g)であった。…

【慶長金銀】より

…1601年(慶長6)以降発行された金銀貨幣。同年徳川家康は新幣制を設け,慶長大判,同小判,同一分金,同丁銀,同豆板銀(小粒銀,小玉銀)を鋳造した。大判(10両),小判(1両)は楕円形,一分金は長方形の定位貨幣で,丁銀はナマコ形,豆板銀は不定形の粒状をした秤量貨幣であった。…

※「慶長大判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶長大判の関連キーワード天保金銀伊豆金山慶長金銀慶長金金座大判墨書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android