懸の魚(読み)かけのうお

精選版 日本国語大辞典「懸の魚」の解説

かけ【懸】 の 魚(うお・いお)

から帰って氏神やえびす神に供える。かけざかな。
正月につるしておいて、少しずつ切り取って食う塩引の魚。また、九州地方ではそれをつるしておく幸木(さいわいぎ)をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「懸の魚」の解説

かけ‐の‐うお〔‐うを〕【懸(け)の魚】

漁がうまくいったお礼として漁師が神に供える魚。かけざかな。かけのいお。
正月の飾り物として幸い木につるす魚。かけのいお。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android