コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成三楼酒盛 せいさんろう さかもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成三楼酒盛 せいさんろう-さかもり

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸の人。享和2年(1802)洒落(しゃれ)本「傾城買婦足禿(けいせいかいふたりかむろ)」を発表し,筆禍にあった。別号に成三楼主人,手酌酒盛,鳳雨。作品はほかに「青楼小鍋立(こなべたて)」「佐野の雪」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成三楼酒盛の関連キーワード戯作

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android