戦争熱(読み)せんそうねつ

精選版 日本国語大辞典の解説

せんそう‐ねつ センサウ‥【戦争熱】

〘名〙 戦争をしようとする意気込み
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一八「沸騰せんばかりの世上の戦争熱も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の戦争熱の言及

【発疹チフス】より

… 感染は皮膚の傷口を通して起こる経皮感染で,患者から吸血したシラミの腸管内で増殖したリケッチアが糞とともに排出され,それがヒトの皮膚につき,吸血刺口を搔いた傷口から糞とともに体内に侵入することによって感染する。したがってシラミが寄生するような衛生状態の不良なところに流行が発生し,〈戦争熱〉〈飢饉熱〉〈刑務所熱〉〈船舶熱〉などの別名でも呼ばれた。感染後5~15日の潜伏期を経て発症し,全身倦怠,咳,頭痛などの前駆症状の後,悪寒や頭痛を伴った発熱で発症する。…

※「戦争熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android