コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦鼓 センコ

デジタル大辞泉の解説

せん‐こ【戦鼓】

戦場で、合図などに用いる太鼓。陣太鼓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんこ【戦鼓】

戦場で合図に打ち鳴らす太鼓。陣太鼓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戦鼓の言及

【堂鼓】より

…木製の胴の両面に牛革を張り,木架上に設置して,2本の木槌で上から打奏する。大小の別があり,形が大きく音高が低いものを大堂鼓,南堂鼓,大鼓とも称し,形が小さく音高が高いものを京堂鼓,戦鼓,小鼓とも言う。大鼓は,鼓面の面積が大きく,音量や音色の変化も豊富で,主に十番鼓(10種の楽器を使っての合奏),吹打等の鑼鼓(らこ)()を中心とする各地の民間器楽合奏で用いられる。…

※「戦鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戦鼓の関連キーワード蒋光慈堂鼓戦場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android