コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駱賓王 らくひんおうLuo Bin-wang

5件 の用語解説(駱賓王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駱賓王
らくひんおう
Luo Bin-wang

[生]貞観14(640)頃
[没]光宅1(684)頃
中国,初唐の詩人。ぶ州義烏 (浙江省) の人。早熟の天才であったが,出自が低いため不遇で,長安の主簿のときに則天武后の怒りに触れ,臨海 (浙江省) の丞に左遷された。それによって駱臨海とも駱丞とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らく‐ひんのう〔‐ヒンワウ〕【駱賓王】

中国、初唐期の詩人。婺州義烏(ぶしゅうぎう)(浙江(せっこう)省)の人。初唐四傑の一。則天武后に反抗した将軍徐敬業の秘書として書いた檄文(げきぶん)が有名。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

駱賓王【らくひんのう】

中国,初唐の詩人。浙江省の人。長安に集まる青年と妓女の交歓を描いた七言古詩《帝京篇》で詩名を得たが,落魄(らくはく)して博徒と遊んだ。徐敬業が揚州で反則天武后の反乱を起こしたのに荷担,檄文を書いて武后を感嘆させたが,乱平定後ゆくえ知れずとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

らくひんおう【駱賓王】

中国、初唐の詩人。則天武后に対して李敬業らと反乱を起こして失敗し、行方不明となる。初唐詩人の四傑の一人で、七言古詩の長編「帝京編」は特に有名。著作「駱賓王集」。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駱賓王
らくひんのう
(640?―684)

中国、初唐の詩人。義烏(ぎう)(浙江(せっこう)省義烏県)の人。字(あざな)不詳。高宗朝に武功(陝西(せんせい)省武功県)、長安の主簿を歴任したが、則天武后が政治の実権を握ると臨海(浙江省臨海県)の丞(じょう)に左遷され、不満を抱いて辞職した。684年(光宅1)武后の即位に反対して徐敬業が兵をあげるとこれに加わり、「一抔(いっぽう)の土未(いま)だ乾かざるに、六尺(りくせき)の孤安(いず)くにか在る」の名文句で知られる檄(げき)文を書いた。その年の冬、徐敬業が敗れるとともに死んだと伝えられるが、一説には逃れて僧侶(そうりょ)になったともいう。王勃(おうぼつ)、盧照鄰(ろしょうりん)、楊炯(ようけい)とともに初唐四傑の一人で、「帝京篇(へん)」など七言の長編に優れた作品を残している。『駱臨海集』10巻がある。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の駱賓王の言及

【懐風藻】より

…詩の内容は,侍宴応詔など公的なうたげの詩が多く,遊覧の詩がこれに続き,珍しく述懐・詠物・七夕などの詩をも含む。詩句の中には,中国の詩の改作に過ぎないものもあり,また《文選》はもちろん,当時伝来していた初唐の王勃(おうぼつ)や駱賓王(らくひんのう)の詩文を学んだ跡も見られる。とくに左大臣長屋王周辺の官人,および以後の官人作の〈詩序〉数編の佳品は,王勃らの詩序を参考にした点が顕著である。…

【初唐四傑】より

…中国,唐の則天武后の時代のすぐれた詩人4人,王勃(おうぼつ)(649‐676),楊炯(ようけい)(650‐695?),盧照鄰(ろしようりん)(637‐689),駱賓王(らくひんのう)(640?‐684?)をいう。略して王楊盧駱ともいう。…

※「駱賓王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

駱賓王の関連キーワード可視光線表意コードVGA愛実杜順大化改新汚い戦争国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAポメラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone