コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯作者 ゲサクシャ

デジタル大辞泉の解説

げさく‐しゃ【戯作者】

戯作を業とする人。特に、江戸後期の通俗作家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げさくしゃ【戯作者】

戯作を業とする人。主として江戸後期の通俗作家をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戯作者の言及

【戯作】より

…具体的には享保(1716‐36)以降に興った談義本洒落本(しやれぼん)や読本黄表紙,さらに寛政(1789‐1801)を過ぎて滑稽本(こつけいぼん),人情本合巻(ごうかん)などを派生して盛行するそのすべてをいう。またその作者を戯作者と称する。以上の戯作はその作者層や作品の質などを勘案すると,寛政期を境として,前,後の2期にわけて考えるのが実状に即した見方である。…

※「戯作者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

戯作者の関連キーワード梅亭金鵞・梅亭金鵝平秩東作(初代)東京絵入新聞南仙笑楚満人朋誠堂喜三二本阿彌親平梅暮里谷峨仮名垣魯文式亭小三馬感和亭鬼武探偵うどん鶯亭 金升梅亭金鵞市場通笑馬場文耕平賀源内志水燕十平秩東作条野採菊山東京伝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戯作者の関連情報