コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯作者 ゲサクシャ

デジタル大辞泉の解説

げさく‐しゃ【戯作者】

戯作を業とする人。特に、江戸後期の通俗作家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げさくしゃ【戯作者】

戯作を業とする人。主として江戸後期の通俗作家をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戯作者の言及

【戯作】より

…具体的には享保(1716‐36)以降に興った談義本洒落本(しやれぼん)や読本黄表紙,さらに寛政(1789‐1801)を過ぎて滑稽本(こつけいぼん),人情本合巻(ごうかん)などを派生して盛行するそのすべてをいう。またその作者を戯作者と称する。以上の戯作はその作者層や作品の質などを勘案すると,寛政期を境として,前,後の2期にわけて考えるのが実状に即した見方である。…

※「戯作者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戯作者の関連キーワード梅亭金鵞・梅亭金鵝平秩東作(初代)東京絵入新聞朋誠堂喜三二南仙笑楚満人式亭小三馬梅暮里谷峨本阿彌親平感和亭鬼武仮名垣魯文鶯亭 金升探偵うどん馬場文耕朱楽菅江朱楽漢江平賀源内志水燕十鶯亭金升条野採菊山東京伝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戯作者の関連情報