戯著(読み)ぎちょ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐ちょ【戯著】

〘名〙 たわむれに書きしるすこと。また、その著作。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「東京市隠 仮名垣魯文戯著」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「余が是書を戯著せしは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android