コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴徳 タイトク

デジタル大辞泉の解説

たい‐とく【戴徳】

中国、前漢の学者。梁(りょう)(河南省)の人。字(あざな)は延君。甥(おい)の戴聖(たいせい)を小戴とよぶのに対し、大戴とよぶ。戴聖とともに「礼」を后蒼(こうそう)に学び、「大戴礼(だいたいれい)」85編を作った。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいとく【戴徳】

中国、漢代の学者。字あざなは延君。甥おいの戴聖を小戴というのに対し、大戴と呼ばれた。周・秦・漢代諸儒の伝える礼の記録を整理して「大戴礼だたいれい」を編した。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

戴徳の関連キーワード礼記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android