コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前漢 ゼンカン

百科事典マイペディアの解説

前漢【ぜんかん】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんかん【前漢】

中国、古代の統一王朝。秦の滅亡後、劉邦(高祖)が建国(前202~後8)。都は長安。武帝のとき、最盛期を迎えたが、その死後、外戚・宦官かんがんが実権を握り、王莽おうもうに国を奪われた。西漢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前漢
ぜんかん

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前漢
ぜんかん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前漢の言及

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

※「前漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前漢の関連キーワード少壮幾時ぞ中国英傑伝項羽と劉邦呼韓邪単于漢書芸文志黄老の学楽浪漢墓和蕃公主西京雑記玄菟郡塩鉄論売爵令酎金律上林苑公羊学黄石公白帝城五銖銭戦国策列仙伝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前漢の関連情報