前漢(読み)ぜんかん

大辞林 第三版の解説

ぜんかん【前漢】

中国、古代の統一王朝。秦の滅亡後、劉邦(高祖)が建国(前202~後8)。都は長安。武帝のとき、最盛期を迎えたが、その死後、外戚・宦官かんがんが実権を握り、王莽おうもうに国を奪われた。西漢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐かん【前漢】

中国、の崩壊後、劉邦(高祖)が建てた統一王朝(前二〇二‐後八)。首都は長安。東の洛陽を都とした後漢(東漢)に対して、西漢とも呼ばれる。秦の制度を継承しつつ独自の支配体制を確立、以後二千余年の中国的な中央集権政治の骨格を形成すると同時に、漢字・漢文によって代表される漢民族の文化の母胎となった。一四代二一〇年で平帝のとき、王莽に簒奪(さんだつ)されて滅亡したが、二五年に後漢として復活。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の前漢の言及

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

※「前漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前漢の関連情報