コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸口調査 ココウチョウサ

2件 の用語解説(戸口調査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ここう‐ちょうさ〔‐テウサ〕【戸口調査】

戸数と人口を調べること。また、戸別にたずねて家族の状態などを調べること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の戸口調査の言及

【駐在所】より

…このような散兵警察制が採用される以前は,交通・産業の中心地に警察署をおいて,ここを拠点として巡査が管内を巡回する方法であった(集兵警察制)。村落駐在巡査は常時受持区域内を巡回し,戸口調査による日常的な住民監視や犯罪捜査,はては村内の苦情処理までを扱って,村長,学校長とならぶ村の〈名士〉として遇されてきた。駐在所は民衆のなかに配置された警察の哨所であり,地域支配の〈かなめ〉である。…

※「戸口調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone