コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸口調査 ココウチョウサ

デジタル大辞泉の解説

ここう‐ちょうさ〔‐テウサ〕【戸口調査】

戸数と人口を調べること。また、戸別にたずねて家族の状態などを調べること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ここうちょうさ【戸口調査】

戸数や人口を調べること。
各戸を訪ねて家族の動態などを調べること。戸口実査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戸口調査の言及

【駐在所】より

…このような散兵警察制が採用される以前は,交通・産業の中心地に警察署をおいて,ここを拠点として巡査が管内を巡回する方法であった(集兵警察制)。村落駐在巡査は常時受持区域内を巡回し,戸口調査による日常的な住民監視や犯罪捜査,はては村内の苦情処理までを扱って,村長,学校長とならぶ村の〈名士〉として遇されてきた。駐在所は民衆のなかに配置された警察の哨所であり,地域支配の〈かなめ〉である。…

※「戸口調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android