所沢航空発祥記念館および会式一号機(復元機)(読み)ところざわこうくうはっしょうきねんかんおよびかいしきいちごうき

事典 日本の地域遺産の解説

所沢航空発祥記念館および会式一号機(復元機)

(埼玉県所沢市並木1-13(県営所沢航空記念公園内))
推薦産業遺産」指定の地域遺産〔60号〕。
1911(明治44)年建設された陸軍所沢飛行場は、格納庫、気象測候所、滑走路をもった日本最初の飛行場であった。また、同年徳川好敏大尉の設計・操縦による国産機「臨時軍用気球研究会式一号機」で初飛行を行った

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android