操縦(読み)そうじゅう

精選版 日本国語大辞典「操縦」の解説

そう‐じゅう サウ‥【操縦】

〘名〙 (「操」は手にしっかり持つ、「縦」は手からはなすの意)
① 思うようにあやつり動かすこと。自由にあやつること。現在では直接手を下したり指示したりしないで、結果的にこちらの思うように人を行動させることにもいう。
※日本外史(1827)二二「進退操縦 莫意」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉老俗吏「あの衆は政党の操縦や議会の懸引が本職で」
② 特に、飛行機、自動車などの機械を動かすこと。
※屋根裏の法学士(1918)〈宇野浩二〉「飛行機の操縦などは巧みにちがひない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android