手に乗る(読み)テニノル

  • に 乗(の)る
  • 手(て)に乗(の)・る

デジタル大辞泉の解説

策略におちいる。「まんまとこちらの―・る」
自分の自由になる。
「このにせにゃ、男は―・らぬわいな」〈伎・貞操花鳥羽恋塚〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

相手の計略にひっかかる。 そんな-・るほどばかじゃない
自在に操る。思い通りに動かす。 雑巾ぞうきんの張返しも-・らねえ/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 欺かれて術中に陥る。欺かれる。多く、「その手には乗らない」のように打消の形で用いられる。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉五「欺して出やうとする。其手に乗らない」
② 思うままになる。自由になる。
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)四立「この位にせにゃ、男は手に乗らぬわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手に乗るの関連情報