策略(読み)さくりゃく

精選版 日本国語大辞典 「策略」の意味・読み・例文・類語

さく‐りゃく【策略】

〘名〙 (「策」も「略」ともに、はかりごとの意) 相手自分の望んでいる事態におちいらせるためのはかりごと。計略策謀。〔和英語林集成初版)(1867)〕
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉四「巧に策略を運(めぐ)らしたる趣を見れば」 〔後漢書‐袁紹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「策略」の意味・読み・例文・類語

さく‐りゃく【策略】

自分の目的を達成するために相手をおとしいれるはかりごと。計略。「策略をめぐらす」
[類語]計略作戦謀略陰謀はかりごと企み画策策動術策権謀謀計奸策詭計深謀遠謀深慮悪だくみわな機略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「策略」の読み・字形・画数・意味

【策略】さくりやく

計略。

字通「策」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android