コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手拭い テヌグイ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぬぐい〔‐ぬぐひ〕【手拭い】

手・顔・からだなどをふくのに用いる布。鉢巻きやほおかぶりなどにも使う。ふつう、一幅(ひとの)の木綿を3尺(約90センチ)に切ったもので、模様や文字が染め出してある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てぬぐい【手拭い】

手・顔・体などをぬぐうのに用いる布。一幅ひとのの木綿を約90センチメートルに切ったものが普通。古くは麻布。江戸期には四尺(約1.2メートル)・五尺のものもあった。たのごい。てのごい。みのごい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手拭いの関連キーワード三遊亭 万橘(初代)染め手拭い・染手拭い置き手拭い・置手拭い浜松注染そめ右近源左衛門小切れ・小裂納め手拭いぶら下げる被る・冠る五尺手拭い子ども山笠日本手拭い奉納手拭い手水手拭い手拭い帯手拭い地渋手拭いおなり神米屋被り算盤絞り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手拭いの関連情報