手巾(読み)シュキン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐きん【手巾】

手をふくための布切れ。手ぬぐい、またはハンカチ。てふき。
「せきあえぬ涙に―を濡らしつるを」〈鴎外舞姫
手巾帯」の略。

ハンケチ【手巾】[書名]

芥川竜之介の短編小説。大正5年(1916)10月、雑誌「中央公論」に発表。新渡戸稲造の著作「武士道」の流行に対する芥川の冷笑的なスタンスを示す作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅきん【手巾】

手ぬぐい。手ふき。
ハンカチ。
「手巾帯」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐きん【手巾】

[1] 〘名〙
① てぬぐい。また、てふき。ハンカチ
※新儀式(963頃)天皇加元服事「盛匜盥。案上各加手巾。主水官人分立案下。但内蔵官人立手巾。主水官人候洗手
※雑談集(1305)七「女人に手ふるべからすと云て、錫杖の柄、手巾(シュキン)をまきて、はるかにささへたりける」 〔世説‐文学〕
※正法眼蔵(1231‐53)洗面「手巾は一幅の布、ながさ一丈二尺なり」
③ 僧侶の間で鰻(うなぎ)をいう。
※浮世草子・本朝藤陰比事(1709)六「花幔は鯣、手巾は鱣(うなぎ)、独鈷は鰹節の異名にて、寺がたへ出入申候時ならひ候」
[2] 尺八の曲の名。
※糸竹初心集(1664)上「此の手、江州大津の住、とぎやの佐右衛門二郎吹出す也。刀をとぎける時、此の手をおもひ出し、手を拭はで吹きてみるに、吹けるうちに手かはきたり。さるによりて手巾(ジュキン)といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の手巾の言及

【雲水】より

…雲衲(うんのう),行脚(あんぎや)とも称す。雲水は,網代笠(あじろがさ)をかぶり,袖の長い雲水衣(直綴(じきとつ))をきて,腰に手巾(しゆきん)と称する丸ぐけの腰紐をしめる。絡子(らくす)をかけ,白木綿の手甲(てつこう)・脚絆(きやはん)をつけ,わらじをはき,機能的で簡素な服装である。…

【ハンカチーフ】より

…日本ではおもに手ふきとして,欧米ではおもに鼻ふきとして実用され,また装飾品としても用いられる方形の小布。日本では略してハンカチ,ハンケチと呼ばれることが多く,手巾(しゆきん)ともいう。ローマ帝政時代に顔をふいたり手に持ったりしたスダリウムや,食事の際に手をふいたマッパが起源と考えられている。…

※「手巾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android