コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手日記 テニッキ

デジタル大辞泉の解説

て‐にっき【手日記】

日々の心覚えを記す帳面。
「枕に算盤(そろばん)、―をはなたず」〈浮・胸算用・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の手日記の言及

【覚書】より

…(1)ある種の古文書の俗称。正しくは手日記,条目,条書という。当事者間ではすでに理解しあった事柄を,備忘のため記録した書付,使者の口上によって詳しく説明する予定の事柄を個条書きにした文書などを指す。…

※「手日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手日記の関連キーワード平出隆覚書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android